8/13(土)「腸もみセラピー」開催!!

2016-06-28

特別企画「腸もみセラピー」開催!!
腸もみセラピー_01
【オフィス関みゆ紀】からの特別企画です。

彩どり師とは、人生を彩るお手伝いをする人のこと。

人生を彩ることは、色に限ったことではありません。
【オフィス関みゆ紀】では、楽しい人生を彩るお手伝いをしていく企画を、これからバンバンやってまいります。

今回の特別企画は、彩どり師養成学校卒業生、腸もみセラピストの今野眞樹子さんの「腸もみセラピー」のご案内です。

腹のついた慣用句や諺はいっぱいあります。

腹が据わる。
腹を割る。
腹黒い。
腹を決める。
腹を読む。

口に蜜あり腹に剣あり。
背に腹はかえられぬ。

腹って、本当に重要なパーツなんですよね。

今野眞樹子さんの施術の特徴は、「腸の声が聴こえてくる」こと。
施術している間に、緑色のイメージが浮かんできて、野菜が必要なことを知らせてきたりといった、
不思議な声が聴こえてくるそうです。

私が施術してもらった時に聴こえてきた声は、
「コロッケとか衣がついた揚げ物でなく、つるっとした揚げ物が少しだけ欲しい」でした。
私は、揚げ物を家でほぼやりませんが、唯一作るものは、大好物の「春巻」。
太りたくないため、控えていた私の左脳をよそに、私の腸は、少しだけ大好物の油分を欲していたのでした。

今野眞樹子さんは、「彩どり星体風水」のお腹の星を観たり、色の知識を交えながら、「腸もみセラピー」を行っています。
腸もみによる効果を伺いました。

【腸もみによって、期待できる効果】
●リラクゼーション効果
●便秘改善効果
●基礎代謝の向上(ダイエット効果)・冷え性の改善
●免疫力の強化
●お肌トラブルの改善

【補足事項】
腸もみの施術はリラクゼーションを目的としており、医療行為ではありません。

お腹に問題を抱えているあなた、ぜひ、一度セラピーを受けてお腹の声に耳を傾けてみてください。
IMG_0050-
【今野眞樹子 プロフィール】
子供の頃から自分のことが好きになれず、
「どうせ私は…」「私なんて…」の自己否定感満載の、
ネガティブな感情まみれで大人になるまで過ごす。

離婚をきっかけに心身のバランスを崩し、うつ状態になるも、
ある場所で体験した、想定外の心無い言葉掛けや対応に逆にショックを受け、
「誰かに頼らず、時間が掛かっても、自分のことは自分で治してみよう。」
「誰かから嫌われる自分だとしても、自分だけは自分のことを好きで居よう。」
と決める。

自分に向き合い始めた頃、「遠隔ヒーリング」という手法があることを知り、
初めてスピリチュアルの世界感に触れる。
それをきっかけに、目には見えない存在・感覚があることに氣付き、
「レイキ・ティーチャー」の資格を取得する。

2年程前から、急に自分の意識が「自分の身体」に向き始め、
その時の自分が氣になるメソッドや講座へ、直感でどんどん通い始め、
YUKARI先生の「品格ボディー」や、「腸もみセラピー」等と出合う。

特別な道具等を使わなくても、自分が体と向き合い労わることにより、
体は応えてくれること・緩んでくれること、そして、
体が緩むと気持ちや考え方も柔らかくなることを知る。
※今の自分のガチガチに硬い体の状況を作っているのは、
自分自身(の思い癖)だということにも氣が付く。

2015年、勤務先の健康診断で「要・二次検査⇒精密検査」の結果となり、
ハードワークを続けてきた自分の体が、大変な状況であることを認識。

幸い検査結果は大事には至らなかったが、
これを「体からのメッセージ」と捉え、しっかり受け止め、
今年2016年春、30年間に渡る会社員生活に終止符を打つ。

「今、ここ」の自分が出来ること・したいことに向き合いながら、
2016年9月、自宅でのサロン【アマネ・クルール】オープンに向けて準備中。
ブログ:【アマネ・クルール】Makikoの「ゆる~く行こうよ☆」(腸もみセラピー&ヒーリング)

【場 所】オフィス関みゆ紀 お申し込み時詳細をお知らせいたします。
【料 金】6,000縁
【定 員】一名/60分 限定9名様

8/13㈯ 「腸もみセラピー」施術会 腸もみセラピスト・彩どり師 今野眞樹子

【日 時】2016年8月13日㈯
【時 間】12:00~~予約済み~
【時 間】13:00~~予約済み~
【時 間】14:00~~予約済み~
【時 間】15:00~~予約済み~
【時 間】16:00~~予約済み~
【時 間】17:00~
【時 間】18:00~
【時 間】19:00~
【時 間】20:00~


*お支払いは銀行振込にてよろしくお願いします。お申し込み後、振込先をご連絡いたします。

お申し込みは【お問合せフォーム】より、生年月日をご記入の上、
お願い申し上げます。

Copyright(c) 2015 オフィス関みゆ紀 All Rights Reserved.