10/27(金)「丸の内の穴」vol.6 滝村桂子編「不安を抱いたまま進む」

2017-09-24

女性の為の「自分の軸」を創る寺子屋

丸の内の穴 イベント 10月27日

皇居という地は、とても好い「氣」が流れています。

そのお膝元である丸の内という地で、女性の為「自分の軸」を創る学びの「寺子屋」を開きます。

「スクール」ではなく「寺子屋」です。

その穴が、ブラックホールなのか、ホワイトホールなのか、それは分かりません。

でも、その穴は、「自分軸」を差す為の穴になります。

そして、「風穴」でもあります。

自分は今、何の軸で生きているのか、問い掛ける場でもあります。

登壇していただく講師は、素晴らしい方々です。

それぞれが、陰と陽の人生を経験し、自分の軸を活かして活躍されている方々です。

図7

毎回、彩どり師・関みゆ紀が、「色の軸」を用意しています。

講師の写真に囲んである「丸の内の穴の色」が、そのテーマでもあります。

そして、私がその講師に抱くイメージの色でもあります。

今、揺らいでいる方は、自分の軸を見失っているからかも知れません。

丸の内の穴8

「丸の内の穴」にはまってみてください。

「丸の内の罠」にはまってみてください。

得も言われぬ何かがあなたを待っています。

第六回目は10月27日金曜日19時からスタートします。

今回の「丸の内の穴」のテーマカラーは、赤紫(マゼンタ)です。

【丸の内の穴 滝村桂子編 「不安を抱いたまま進む」】

10月に登壇していただく講師は、タッキー先生こと滝村桂子さんです。

今回は、起業したいと思っている貴女に贈るテーマです。

まずは、プロフィールをご覧くださいね。

タッキー先生タッキー先生☆滝村桂子
1957年生まれ、兵庫県出身。通称「タッキー先生」。神戸女子薬科大学薬学部薬学科卒業。
薬剤師、からだの通訳者、天城流湯治法師範。

20年間で約18万件のカウンセリングをした薬剤師時代に「同じからだの症状の人には、同じ口グセがある」ということに気づき、こころとからだの結びつきについても東洋医学、生理学、心理学を学び始める。それらの経験をもとに、からだの部位それぞれからの声を伝える「からだの通訳者」として活躍中。ドラッグストア薬剤師時代には、商業界同友が選ぶ全国の「販売の達人150人」に選出される経歴を持つ。

「からだの症状」=「こころの状態」であることを多くの人へ伝えたいという思いから「からだ占い®」を考案。自分のからだのそれぞれの部位に意識を向けることができる「からだ占い®」は、わかりやすいと話題を呼んでいる。多くの人がからだを持って生まれてきたことの意味やすべてのことへの感謝を知ることができるようにと積極的に活動の幅を広げている。

2013年から天城流湯治法創始者杉本錬堂氏のワークショップの主催を開始。主催講座数は60回を超える。自身が創始者である「からだ占い®」とを融合させた天城流「からだ占い®」の論文で2017年6月、師範となる。

現在、東京・大阪を拠点に日本全国で講座を展開。関西のおかあちゃん的な明るい語り口が親しみやすく、講演会や講座は5年間で開催回数300回以上、受講者数も延べ8000名を超える。また、東大未来医療研究会や大阪市行政関係、倫理法人会など講演多数。著書に発売後1か月で重版になった(株)サンマーク出版「からだの声、聞いてる?」(株)BABジャパン「からだ占い」がある。
タッキー先生公式ホームページ

本

「からだの声、聞いてる?」「からだ占い」を次々と出版し、快進撃を続けているタッキー先生は、

家庭と仕事を両立しながら、3人の男の子を育て上げた母親でもあります。

自分自身がやりたいことについて見据え始めた年齢は43歳。

最後の3番目の息子さんが、5年生の時。

その時タッキー先生は、こう思っていたそうです。

「息子3人、全て中学に上げたら、

子どもたちに過干渉せず、自分の道は自分で決めさせる。」

3番目の息子さんを、中学に上がるのを見届けた45歳から、

自分自身に目を向け、自分が何をやりたいのか、何を伝えたいのか、

今に繋がる「からだの通訳者」への道へ向けて着々と歩み始めます。

タッキー先生とF先生

そんなタッキー先生が55歳の時に、F先生こと普天間直弘さんに出逢い、

劇的にスイッチを変えました。

そのスイッチとは何か。

左脳(思考)から、右脳(直感)でまず動く自分というスイッチに切り替えたのだそうです。

タッキー先生は、言います。

「困難なことは、解決するためのヒント。

 大きい困難が来ると、逆にシメシメと思う。」

自分の歩んできた道にある経験や知識が、全て宝物だと氣付く時間をご用意しました。

自分の道を進みたいと思っている貴女へ、だからこそ捧げるのがこのテーマです。

「不安を抱いたまま進む」

ピンと直感に来た方は、迷わずお申込みくださいませ。

丸の内の穴vol.6 「不安を抱いたまま進む」滝村桂子編

【日 時】2017年10月27日(金)
【時 間】19:00~21:00
【場 所】JR東京駅 徒歩数分 お申し込み時詳細をお知らせいたします。
【料 金】15,000縁
【定 員】限定6名


☆お申し込み後、場所、振込先をご連絡いたします。
☆振込期日までに、銀行振込(振込手数料お客様負担)にてお願いいたします。
☆キャンセルの場合は、振込手数料を引いた金額にてご返金いたします。

【キャンセル規定】
前日:50%
当日:100%

お申し込みは【お問合せフォーム】より、お願いいたします。

Copyright(c) 2015 オフィス関みゆ紀 All Rights Reserved.