プロフィール

トップへ戻る

彩どり師 関みゆ紀

オーラソーマカラーケアシステム、セブンシーズンパーソナルカラー、ドレスセラピーを学ぶ。
丸の内でOL生活を送りながら、2008年より色の仕事を始める。
2012年より23年間のOL生活に終止符を打ち独立。
いつも人に愛と笑いと彩(いろどり)を、モットーに東奔西走中。

 

はじめまして。
彩どり師、関みゆ紀です。

「彩(いろ)どり師」と読みます。
「彩どり師」とは、あなたを内側と外側から輝かせる色のアドバイザーのことです。

どうして「彩どり師」という職業を歩むようになったのか、
それは私の幼少期の経験に由縁があります。

私の母は洋裁師で、私が生まれる前から、
小さな家の中に、母専用の仕事部屋があり、
工業用ミシン、工業用アイロンと、
重厚なアイテムが、部屋の中を鎮座し、
スタン(洋裁用ボディ)には、
様々な洋服が掛かっていました。

スーツの時もあれば、
ワンピースの時もあり、
ウェディングドレスの時もありました。

母のお腹の中にいる時から、ミシンの音を聞いていました。

カラフルな糸が溢れ、それをグラデーションにして、
並べ替えていくのが、私の子供の頃の遊びでした。

オーダーで洋服を作られたことはあるでしょうか?

自分の体形にぴったり合った洋服は、
その人に寄り添うが如く、
まるで第二の皮膚のように、
その人にフィットします。

自らが、生地、デザインを選び、
仕上がった洋服を身に纏ったとき、
オンリーワンの特別な洋服を着た、
その人の表情は、輝きます。

その服は、人を、外側と内側から輝かせるのです。

今一つ氣に入らない洋服を選んだ日は、氣分も乗らない・・・
そんな経験はありませんか?
お氣に入りの服を着た一日は、氣持ちも晴れやかになるでしょう。

あなたが直感で選んだ色、あなたの目や肌に合った色は、
あなたをプロテクトする、いわば、「からだ風水」です。

「衣」は、「意」を変えることができ、内側から輝かせることができるのです。

私が目指すものは、オンリーワンです。
母が造り出したお客様のためのオンリーワンの服のように、
お客様の心と体と魂に合った色とファッションをご提案いたします。

心の色:あなたが直感で選んだ色から導き出すあなたの心模様。
外の色:あなたの目、髪、肌の色からマッチする色やファッションを提案するパーソナルカラー。
見えざる色:生年月日から導き出したあなたの本質。陰陽五行の色。

心の色、外の色、見えざる色、この三本柱をベースにあなたに寄り添う、あなたを護る、色とファッションを探し出します。

そこに、
皆が着ているから、
流行っているから、
無難だから、
という理由はありません。

関みゆ紀の「紀」の糸は、己の糸でご縁を繋いでいく意味があります。

点と点を糸で繋ぎ、見えざる色と心と体を結び、あなただけの彩(いろどり)を生み出す。
それぞれの色を取り、繋いでいきます。
そんな、「彩どり師」です。

いつも人に愛と笑いと彩(いろどり)をモットーに、
心からあなたの笑顔を引き出す職業、
それが「彩どり師」です。

Copyright(c) 2015 オフィス関みゆ紀 All Rights Reserved.